映画『最強のふたり』試写会へ

 

 

(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

 

 

 

先日、『最強のふたり』という映画の試写会へお伺いしてきました。

 

~STORY~

ひとりは、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス。もうひとりは、パリの邸に住む大富豪フィリップ。何もかもが正反対のふたりが、事故で首から下が麻痺したフィリップの介護者選びの面接で出会った。他人の同情にウンザリしていたフィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てというフザケたドリスを採用する。その日から相入れないふたつの世界の衝突が始まった。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ──だが、ふたりとも偽善を憎み本音で生きる姿勢は同じだった。

互いを受け入れ始めたふたりの毎日は、ワクワクする冒険に変わり、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。だが、ふたりが踏み出した新たな人生には、数々の予想もしないハプニングが待っていた──。
人生はこんなにも予測不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、涙があふれるー。

 

 

実話をもとに描かれたこの作品は、フランスで公開するや、

 

またたく間に映画史を塗り替えました。

 

フランス国民3人に1人が観た、と言われるほどの興行記録を樹立。

 

 

フランスでは10週連続、ドイツでは9週連続と

 

公開各国でも興行収益1位を続々と…。

 

 

今まで過ごしてきた二人の世界は全てにおいて全く相容れない“異文化”。

 

まさに“異文化交流”とも受け取れる二人のやり取りは、

 

お互いにとってとても刺激的で、魅力的。

 

ふたりの育った環境は全く違ったけれども、ふたりはお互いを徐々に受け入れ

 

とてもユーモアに富んだ最強のふたりの友情が育まれていきます。

 

そのプロセスは観ている側の心も躍らせ、笑えて、涙があふれるシーンも。

 

 

インテリでシニカルな全身不随の大富豪と、

 

粗野で愛嬌モノの黒人青年。

 

出会うはずのないふたりに起こった、最高の奇跡とは―?

 

 

ふたりの演技も最高で、女性も男性も楽しめる、感動作品だと思います。

 

私個人的には今年イチ押しの作品です。

 

ぜひ劇場でご覧ください!

 

 

【作品情報】

製作国:フランス

日本公開:2012年9月1日より TOHOシネマズほか全国にてロードショー

上映時間:1時間53分

配給:GAGA

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です